山田晋一朗の器・青白磁の世界を伝える

山田晋一朗の器・青白磁の世界を伝える

日本最高級車ブランド、TOYOTAのレクサスが扱うレクサスコレクションに、やきもの作家として初めて掲載され一躍有名となった陶芸作家「山田晋一朗」さん。

テーブルライフストアの山田晋一朗さんコーナーはこちら

山田さんの作品は、理想のフォルムを追求した末にできた独自の曲線美、洗練された器は青白磁の色合いが見事に調和しています。

誰もが見ると手に取りたくなるような器のやわらかさ。洗練されたスタイリッシュなデザインは、山田さんの世界観を愛してやまないコレクターを魅了させてくれます。

愛知県土岐市出身で、実家が窯元だった影響もあり、愛知県立窯業高等技術専門校卒業、多治見市陶磁器意匠研究所を卒業、作家活動を開始。

現在では意欲的に数多くのイベントをコラボ、個展を開催。企業とのコラボ、某有名レストランからオリジナルの作品依頼など、オファーが途絶えることのない人気の若手作家のひとりです。

TOYOTAのレクサスが扱うレクサスコレクションに掲載

レクサスのコレクションの掲載にが決まった時のお気持ちを教えてください。

今まで応援や支援してくれた方々の期待に答えることができて良かったです。また陶芸作家して掲載されるのが、初だったので嬉しかったです。

どのような作風を目指して作陶されていますか?

例えば器なら料理を盛って、料理を引き立てる器ができたらと思います。あくまでも器は料理を引き立てる脇役だと思っているので。

山田晋一朗、ゆらぎのフォルム

山田さんの作品は、透き通るような美しい色味の青白磁に、やわらかなフォルム、独自のカーブが洗練された印象を伝えてくれます。

こちらのプレートをはじめ、全てが使いやすいだけでなく、見た目、盛り付けも全てにおいても大活躍してくれるデザインばかりです。

お酒好きの山田さんは、日本酒、ロックグラス、ワイングラスも数多く作陶されています。

こちらはステム付きのワイングラス。ろくろをまわして作られたデザインです。

こちらは酒器など小さな器です。

こちらのナイフ置きは、某有名レストランから依頼を受け作陶されました。今までありそうでなかったナイフ置き。

チーズ、チーズナイフ、こちらのナイフ置きをワンプレートに置きテーブルコーディネートするのもいいですね。

 

テーブルライフストアの山田晋一朗さんコーナーはこちら